家にいながら楽しいショッピング

買い物上手になる方法

経済が低迷し、不況と叫ばれているご時世において賢いショッピングユーザーになって、コストパフォーマンスに優れた生活を送るための方法としてまずスーパーやデパートに買い物へ行く際にはインターネットの価格比較サイトの価格コムやショッピングモールの楽天市場などをチェックし、相場をチェックしましょう。
また本日の新聞にある折込チラシをチェックしましょう。
家電量販店の場合、他社チラシを持ち込むと、それに合わせて安くしてもらえます。
どれだけ安い商品が売っていたとしても、その店舗が遠く交通費がかかる場合は、少し自制したほうがいいです。
交通費を含むと、近場で購入したほうがお得な場合もあるからです。
また最近はポイントカード制度のある販売店が多いです。
しかし、あれは使用期限があったり、1ポイントあたりの値引きが低い場合もあります。
各ポイントカードのルールを把握したうえでの、購入に踏みきりましょう。
よく家電量販店などが、100人中1名様にキャッシュバックとか、1万円以上お買い上げの方に○円プレゼントといった内容のものがあります。
しかし、これは、経済学的にみると店側が得することになります。
仮に100人にひとりが1万円あたるとしても、一万円以上のお買い上げという付帯項目がある場合、単純計算で1÷100=0.01、全体で1%割引、ひとりあたり0.01%値引きされたことになるからです。
それと、たとえば、500mlのオレンジジュースが120円、1Lのオレンジジュースが235円で売っている場合、120÷500=0.24、235÷1000=0.235となり、前者が1mlあたり0.24円、後者が1mlあたり0.235円なので1Lのほうが得だと計算できます。
またパックやセットで売ってるものには注意が必要です。
パックやセットだと得しているように見えるかもしれませんが、単体にわけて考えると、案外得じゃない場合があります。
そういった色々な事を頭に入れ賢くお買いものをしましょう。